バイクとカメラと戯れ言

バイクはXJ600 diversion、カメラはDMC-CM1、旅の様子やそのほか日々のことを書きます

飛鳥山公園で一人お花見

東京にきて二回目の春になります。

テレビで北区王子の飛鳥山公園を徳川将軍吉宗が庶民にお花見するために作った場所だと知り、いってきました。

ひとりで。


f:id:grassbigboy:20190401210758j:image


飛鳥山公園京浜東北線の向かいです。


f:id:grassbigboy:20190401210425j:image

飛鳥山公園の向こうも都電荒川線が走ってます。

f:id:grassbigboy:20190401210606j:image

 

平日のお昼に行ってみましたが、

名所だけあって人はそこそこ。そこまで混んではないかんじでした。

お弁当は飛鳥山公園の道路向かいにある

ほやほや弁当さんの唐揚げ弁当(500円)をチョイス。

550円でお花見弁当もあったのですが、レビューに唐揚げ弁当がおいしいとあったので。

お花見弁当はエビかつがのってましたが唐揚げがのってなかったので…

唐揚げだけ別にも売られており良心的でした。


f:id:grassbigboy:20190401210056j:image

 

唐揚げおいしかったです。

高校生ぐらいまで唐揚げの良さわからなかったんですが、最近は牛、豚に比べヘルシーで罪悪感が少ないが良さなんだと感じてきました。

地面にちらほら花びらあるのいいよね

 

天候がいまいち曇りでして、桜って曇りだと色があんまりでないんですよね…


f:id:grassbigboy:20190401210157j:image


f:id:grassbigboy:20190401205138j:image

 

寒くなってきたんで本を読むのも厳しく…

 

撤退。

 

王子のゲームセンターって三国志大戦藻ワンダーランドウォーズも四台ずつあるの…

いいね…

 

それではここらへんで。

 

 

新年秋月電子お楽しみ袋のLEDマトリクスを動かしてみた

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

 

さて、新年恒例の秋月電子のお楽しみ袋を買ってきました。

去年も買いましたがほとんど活用できなかったので

今年こそはと吟味して選びました。

 

まず、使えそうなキットorパーツがあること

表面実装パーツがないこと

去年の謎の鍵、バッテリーチャージャーがないこと

を条件に選定。

 

選んだのはこれ


f:id:grassbigboy:20190107202020j:image

絶対使わないであろう256MBのメモリがありますが...

去年に比べれば使えそうなものが多いです

 


f:id:grassbigboy:20190107202251j:image

ただ大量に入っていた両方ピンがさしてあり、曲がってる謎ソケットはどう使うのか全くわかりません。

 

さて、この袋で最も目玉のLEDマトリクスを使えるようにします。

f:id:grassbigboy:20190107212709j:plainf:id:grassbigboy:20190107212738j:plain

 

これは2004年頃秋月で取り扱っていたキットのようです。

現在は取り扱っておらず取説もリンク切れです。

しかし、キットをまとめている人。

キットの制作者、当日使った人のページを元に調べます。

下記が参考にしたサイトです。

 

秋月電子 32x16ドットLEDマトリックス表示装置パーツセット

32×16ドットLED マトリクス表示装置パーツセット (K-00798)

電光掲示板 - sea side she side

USB-IO 32x16ドットLEDマトリクス接続 のりつぐのメモ/ウェブリブログ

なんでも作っちゃう、かも。

 

まとめると

  • キットの抵抗R2,R3はジャンパ
  • R4,R5は390Ω、ただし全点灯はさけたほうがよい
  • コネクタはCN1A,B,CN2A,B共通
  • 基板を連結させれば16x64になる
  • コネクタ配列は9,7,5,3,1
  •                           10,8,6,4,2
  • コネクタ1   LED PWR -> Vout
  • コネクタ2   Sin1   ->  IO12
  • コネクタ3   Sin2   ->  IO13
  • コネクタ4   Sin3   ->  IO14
  • コネクタ5   CLOCK   ->  IO16
  • コネクタ6   LATCH   ->   IO15
  • コネクタ7   STROBE   ->   IO2
  • コネクタ8   IC PWR  -> Vout
  • コネクタ9   GND 
  • コネクタ10 GND
  • 16chはクロック1マイクロ秒で設定

 はんだで抵抗・ジャンパ・ピンソケットをつけていきます。

f:id:grassbigboy:20190107212906j:plainf:id:grassbigboy:20190107212951j:plainf:id:grassbigboy:20190107213107j:plain

 

制御に使用するのはArduino 互換でもあり、無線LAN機能ももつESP WROOM 02

コネクタと接続します。VoutとVcc、GNDは別ブレッドボードで接続します。

f:id:grassbigboy:20190107214337j:plainf:id:grassbigboy:20190107214356j:plain

 

arduinoはマイクロ秒のディレイが3マイクロ秒以上でないと安定しないみたいなので

とりあえず50マイクロ秒で設定する。


#include<esp8266wifi.h>
extern "C" {
 #include "user_interface.h"
}

unsigned int sin1 = 0x0001;//縦
unsigned int sin2 = 0xffff;//横1
unsigned int sin3 = 0xffff;//横2
int shiftsin =0;

void setup() {
  Serial.begin(115200);

//ピンをOutputモードに切り替え
  pinMode(2, OUTPUT);//strobe
  pinMode(12, OUTPUT);//sin1
  pinMode(13, OUTPUT);//sin2
  pinMode(14, OUTPUT);//sin3
  pinMode(15, OUTPUT);//latch
  pinMode(16, OUTPUT);//clock

//シリアルポートに文字列出力
  Serial.println("setup OK");
}

void bitchecker(unsigned int sin0,int portnum){
  sin0 &=0x0001; 
  if(sin0==1){
    digitalWrite(portnum,HIGH);
  }else{
    digitalWrite(portnum,LOW);
  }
}

// the loop function runs over and over again forever
void loop() {
  unsigned int tmp_sin1=sin1;
  unsigned int tmp_sin2=sin2;
  unsigned int tmp_sin3=sin3;

  digitalWrite(15,HIGH);//LatchをHIGH
  digitalWrite(2,HIGH);
  for(int i=0;i<16;++i){ //sin16bit書き込み
    digitalWrite(16,LOW); //clock
    bitchecker(tmp_sin1,12);
    bitchecker(tmp_sin2,13);
    bitchecker(tmp_sin3,14);
    delayMicroseconds(50);
    digitalWrite(16,HIGH);//clock
    tmp_sin1 = tmp_sin1 >>1;
    tmp_sin2 = tmp_sin2 >>1;
    tmp_sin3 = tmp_sin3 >>1;
    delayMicroseconds(50);
  }
  digitalWrite(15,LOW); //Latch low 書き込み
  digitalWrite(2,LOW); //STLOBE HIGH
  delayMicroseconds(50);
  delay(500);
  sin1 = sin1 <<1;
}

ESP-WROOM-02で実際に動かしてみた結果

www.youtube.com

 

 これだけならarduinoでいいんだけど、

将来的にネットワークから文字を持ってきたいのでESPで実現した。

 

以上、ここまでありがとうございました。

フリクリ オルタナ感想。最高のトップをねらえ!3だった話。

現在公開中のフリクリオルタナを見てきました!

最高に最高でした!!!

 

以下ネタバレ含みます。

 

 

まず前提として、僕が最も好きなアニメはトップをねらえ2!ストライクウィッチーズであるということです。

(ちなみにフリクリはオリジナルも見てますが、意味がよくわからず話もよく覚えておりません。)

 

この二つの特徴なのですが、

どちらも主人公は10代の女の子であること。

超能力を使えること。

世界の危機に立ち向かっていること。

そして、能力にはあがりがあること。

 

そして、フリクリオルタナはこれらを完璧に描いていました。

最高なわけです。

 

 

まず何故、10代に限り超能力が使えるのかについて話します。

一言でいえば、無限の可能性を秘めているからではないでしょうか。

学校にいけば常に新しいことを学び、どんどん世界が広くなります。

体力的に無尽蔵のパワーがだせるのもこの年代です。

 

そして、今回のフリクリオルタナの焦点は17歳であり、

ちょうど能力のあがりがくるころだということです。

 

ストライクウィッチーズの坂本少佐やトップをねらえ!2のカシオやラルクは、大人になって能力が使えなくなりました。

 

今回のオルタナでは、子供と大人の狭間をこれでもかと描いていました。

 

ヒジリのパートについてです。

学生の頃は、高校生が大学生と付き合う人がかっこよく見えるとか。

ベタだけど、やっぱりあるものです。

そりゃ大人になった今から見れば大学生はおかしいと見えるものです。

が、自分も学生だった頃、別の学校の年上のお姉さんが好きでした。

でも結局告白はできずにそのままで。

その人はこれまた別の年上の男性と結婚してしまいました。

 

もっさんのパートについてです。

少しでも早く働くことはやはり大人に見えるものです。

自分は高専卒で、働くことを選択しました。

高専に入った頃はゲームを作るんだ!プログラミングを学ぶんだ!とか思ってました。

でも入学してみると自分よりがプログラミングができて、ゲームをつくれるやつばっかりで、自分の能力の低さに思いしらされました。

結局エンジニアとして働いていますが、プログラミングすることなく、最近は会議が増えてきました。

 

 

そんな、様々なことを経て僕は今に至るのです。

 

 

そして、主人公のカナですが

カナは典型的な何もない主人公です。

普通な家庭で育った普通な女の子です。

部活的なものも1話で破壊され、進路指導を問われ

自分の居場所がなくなっている状況です。

友達はどんどん自分の居場所を作っていて、焦るのです。

 

 

そして、他の三人に比べると子供なのです。

そして、佐々木くんの恋愛についてもラストも

そののままでいる、子供のままでいるという

選択をします。

だからこそトップレス能力が使えるんです。

 

しかしラストの、おでこの絆創膏を外すシーンは本当に最高でした。

完璧なトップレスのエキゾチックマニューバでしたが

あれがたまらなく好きなんですよね!

 

僕は水泳をやってましたが、大会に臨む時、

飛び込み台に立つ前は

心のなかでフィジカルキャンセラー全開!

エキゾチックマニューバ!ってやってました。

当時は本当に超能力のように身体の底からエネルギーがでていた気がしてました。

 

いまもたまにマスターズの大会にでますが、自分のエネルギーがカスッカスになってることを思いしらされます。

 

 

そんな自分の酸っぱい青春と、あの頃の情熱を思い出させてくれるいい映画でした。

 

 

 

 

フリクリでは、エキゾチック反応やフラタニティなどトップ2と同じ用語が使われてます。

 

月見そばのおっさんが使ってた銃も、ニコラスが操ってたフラタニティ艦隊を模したものでした。

 

そして、トップをねらえ2!は火星から始まる物語です。

ペッツが火星に移住し、事象の水平線に飛ばされたハル子が火星でシェルターに構築された街を眺めます。

 

ここからトップをねらえ2!に続くような展開です。

 

そもそも、オルタナオルタナティブという言葉です。

オルタナティブは二者択一ということです。

そして次作のプログレとはプログレッシブという言葉です。

プログレッシブは進歩的ということですが、

映像の世界ではオリジナルな意味が強いです。

(アニメはプログレッシブで作られますが、放送はインターレースです。これ画質が下がってるんです。)

 

このことから

オルタナはオリジナルのフリクリからトップらしさを選択した世界。

プログレはオリジナルのフリクリはらしさを選択した世界なのではないでしょうか。

 

 

ところで、ガイナがトップをねらえ3!を作るらしいですね。果たしてこのフリクリオルタナを越えられるのか...

 

井の頭自然文化園リスの小径

平日にお休みをもらいましたのでキャンプに行こうかと思ったのですが、二日後に台風接近中。。。

 

そこで

井の頭自然文化園の動物園

リスの小径に行ってきました。

 

これは東京の井の頭公園にある動物園です。

中にはリスの小径というリスが放し飼いになっている

ゾーンがあり、そこでリスをみることができます。

 

 

ちなみに、井の頭自然文化園は、他の東京の動物園の中でも入園料が400円と安く、年間パスポートも1600円です。

他は入園料600円、年間パスポート2400円です。

葛西臨海公園は700円、2800円です。

 

二重扉のドアを抜ければリスがたくさんです。


f:id:grassbigboy:20180729152539j:image

たまたま行った時間が12時前でちょうどリスもご飯の時間でした。

 


f:id:grassbigboy:20180729152654j:image 

夏は暑いのでクルミの入った氷があります。

 


f:id:grassbigboy:20180729152751j:image

水を飲むリスや

 


f:id:grassbigboy:20180729152831j:image

水辺にペタっとしてるリスも夏ならではです。

 

 

もちろん他の動物もいます。


f:id:grassbigboy:20180729153005j:image


f:id:grassbigboy:20180729153023j:image


f:id:grassbigboy:20180729153050j:image


f:id:grassbigboy:20180729153247j:image

大体は寝てるか、ぐったりしている

 

 

今回年間パスポートを購入したので、またいってみたいと思います。

 

使用機材

カメラ Olympus E-PL3

レンズ SMC  Takumar 55mm/f1.8

    SMC  Takumar 200mm/f4

  

天候曇り