バイクとカメラと戯れ言

バイクはXJ600 diversion、カメラはDMC-CM1、旅の様子やそのほか日々のことを書きます

四国ツーリングその4高知から松山へ

四国ツーリング最終回です。

前回は高知を観光し、仁淀川沿いでキャンプしました。

 

今回は松山港から小倉に帰るので夜までに

松山へ行くことが目標です。

 

当初の予定ではUFOライン、石槌スカイラインを通って松山に抜ける予定でした。

 

しかし、1日目の長距離走行、2日目のキャンプでの寝泊まりと体力はあまり良くはない状態でした。

ここで石槌スカイラインに行くか迷いました。

 

ここまで来て行かない後悔と、疲労による事故のリスク。

どちらをとるか。

 

ちなみに、時間的にかなり余裕があること、松山は一度観光しているので松山観光の重要度も高くないことがありました。

 

が、石槌スカイラインへは諦めました。

やはり疲れていては楽しめそうにないこと、事故ったら今回のツーリングが嫌な思い出になってしまうことからやめることにしました。

 

山は逃げない。

 

そんな言葉が頭をよぎりました。

また来ればいい。

 

気持ちをきりかえて松山に向かいます。

 

 

 

さて、キャンプ地から松山までは仁淀川を遡っていきます。仁淀ブルーを楽しみにしつつ道をすすんでいきます。

 

 

 

 
f:id:grassbigboy:20170619005102j:image

いやあ四国はすごいや。

キレイな仁淀ブルー

 

お昼には松山に到着。

 

宇和島では食べられなかった鯛めしをいただきます。

 
f:id:grassbigboy:20170619005833j:image

f:id:grassbigboy:20170619005825j:image

鯛も出汁もうますぎてご飯がすすむすすむ。

 

そして、松山城

f:id:grassbigboy:20170619005857j:image

 

 

道後温泉は休憩室まで満喫

 
f:id:grassbigboy:20170619005843j:image

f:id:grassbigboy:20170619005918j:image
貸し切りやんけ!

 

 栗タルトは商店街でいただきました。
f:id:grassbigboy:20170619005138j:image

 

 

新たな発見もあり二度目の松山も楽しかった。

 

 

さて、今回の記事はツーリングの要素ほぼなくなってしまいましたが、全体的に楽しい四国ツーリングとなりました。

 

石槌スカイラインには、また挑みたいと思います。

この日の走行距離は100km

 

 

では、この辺で。

 

四国ツーリングその3 高知観光とキャンプ

その1その2では松山から高知県中土佐に到着しました。

 

 

その3の二日目は高知観光とキャンプです。

 

 

目指すはのいち動物公園ハシビロコウ

 

 

 

7時すぎにライダーズイン中土佐を出発

8時30分に道の駅かわうその里すさきに到着

朝ごはんを食べます。

 

浦ノ内湾沿いを通って

 

 

 

10時 桂浜到着

f:id:grassbigboy:20170616011227j:image

 
f:id:grassbigboy:20170616011200j:image

五色の石が有名なんだとか

 

 

 

11時30分 のいち動物公園到着

 


f:id:grassbigboy:20170616011243j:image

ツメナシカワウソ、でかい

 
f:id:grassbigboy:20170616011916j:image

フラミンゴ、めっちゃ座ってる

 
f:id:grassbigboy:20170616011321j:image

f:id:grassbigboy:20170616011926j:image

ハシビロコウさん!!結構うごくぞ!!

 

満喫した。気づけば1時だし。

 

 

 

 

2時に高知の日曜市に到着。

ちょっと遅くて撤収してるとこもちらほら

f:id:grassbigboy:20170616011346j:image

 でも屋台の感じは異国情緒ある。

野菜とか包丁とか売ってた。

バイク乗りに買えそうなのはなかった。

 

 

ひろめ市場で食事。3時前なのに人多し、で鰹のタタキやらひろめ揚げやらを満喫。

めっちゃうまかった。藁焼き塩タタキカツオが最高。

14.明神丸 | ひろめ市場 オフィシャルサイト

 

 

 

さて、キャンプ目指します。

6時30分に宮の前公園キャンプ場に到着。

f:id:grassbigboy:20170616010106j:image

ってGoogleマップ乗ってるんだけど、普通の公園。

 

 

まあ他の人のブログを見るとキャンプしてる人もちらほら

トイレも水道も自販機もあるしいいか、ということでテント張ります。

f:id:grassbigboy:20170616011406j:image

 

ここのトイレ、循環式トイレというのが設置されてますがフィルターが壊れてるのか茶色い水が流れ続けている。

使うには精神衛生上いまいち。

そのためか仮設トイレが増設されてます。

 

 

そしてここ、30分に一回人がやってきます。

どうやらこの公園ポケモンGoのストップとジムになってまして、この町の数少ない貴重な場所のようです。

車やチャリンコでみんなストップ回しに来ます。

仕方ないので人目がありつつも泊まります。


f:id:grassbigboy:20170616011440j:image

とはいえなかなか気持ちのいい公園でした。

 

 

走行距離は145km

その4では松山を目指して帰ります。

四国ツーリングその2 足摺岬からライダーズイン中土佐

前回の更新から大分間が空いてしまいました。

四万十川から足摺岬を目指します。

 

四万十川からは一時間半ほどで着きます。

北海道の感覚で行程を考えていたため、疲労が最高潮。

おしりが四分割するのではないかという痛みがおそいます。

30分に一回の休憩を挟んでいきます。

 

 

 

さて、足摺岬につく前に足摺スカイラインがあるようなので通ります。

宗谷岬のようなものをイメージしてたのですが

 

 

全然展望が開けない...

霞がかって前が見えない...

 

これ、あれだ指宿スカイラインだ。

 

 

そんなこんなで到着。


f:id:grassbigboy:20170528112357j:image


f:id:grassbigboy:20170528112408j:image
f:id:grassbigboy:20170528112425j:image

さすがに太平洋側の海はきれいだ

 

 

この時点で16時

宿のライダーズイン中土佐までは...


f:id:grassbigboy:20170528105723j:image

二時間!!!休憩挟むともっと時間かかる!!

日が暮れちゃう!!!!

 がんばるしかない...

 

 

さて、なんとか中土佐の道の駅あぐり窪川に到着。

道の駅でご飯食べます。

あまりの疲労で写真とってないや...

 

 この時点で7時まわってるぐらい。

完全に日が落ちてしまいました。やばい。


f:id:grassbigboy:20170528110757j:image

Googleマップのこの下の道

ものすごく細い山道を山2個分越えます。

すれ違えない細さだし(幸い対向車はこなかった)

死ぬかと思った...

月明かりが明るいのが幸いなくらい暗いです。

山を降りて明かりが見えたときは安堵しました。

上の道をオススメします。

 

Googleマップだと変なとこで案内が終了します。

ここで補足しますと。

県道25号を進むと自販機の向かいに看板がありますので

海側に向かいます。

道を進むと二又に別れるので左に進みます。

ワコースの旗を目印に向かっていくとつきます。

 

 
f:id:grassbigboy:20170528112449j:image

このライダーズインのオーナーさん、今年の4月から引き継いだそうで、非常に親しみやすいご夫婦が運営しております。関西からのライダーさんも泊まっており、情報交換やおしゃべりしながら楽しい一晩を過ごせました。

部屋の前までバイクをつけられるので便利です。部屋もきれいですごしやすく、電気シャワートイレもついてます。

 

 

この日の走行距離350km

北海道並です。小倉から鹿児島まで行ける距離。やりすぎた。

次の日は高知で観光してキャンプします。

 

四国ツーリング その1松山港から足摺岬

暖かくなってきました今日この頃。

そろそろ出掛けるにはいい頃合いじゃありませんか。

 

というわけでゴールデンウィークに四国ツーリングに行ってきました。

 

ルートは

0日目 小倉港から松山港

1日目 松山港から足摺岬 ライダーズイン

2日目 高知観光 キャンプ

3日目 松山観光 松山港から小倉港

 


f:id:grassbigboy:20170522123442j:image

さて小倉港から乗り込みます。

GWラストの金曜日ということもあってか、船内はいまもでみたことないくらいいっぱいでした。

 


f:id:grassbigboy:20170522123504j:image

さらば九州

 

さて、松山港につくと朝5時にでなければなりません

全然眠れんかった...

 

そして最高の曇天...

GWこの日だけ天候が悪く全国的に雨模様

 

当初石槌スカイラインに行く予定でしたが、雲の中を走りそうなので変更。海岸を通り宇和島を目指します。

 

ちょくちょく道の駅で休憩いれますがどこもまだ開いてない...

そんなこんなで宇和島に9時に着きました。

 

 
f:id:grassbigboy:20170522123606j:image

宇和島城

こじんまりとしてかわいいお城

城特有の威圧感がなくて愛着がわくかんじ。

 

ここから四万十川へ。一時間ほど走ります。

さすがに疲れがやばいので道の駅一時間ほど休憩。

 

お昼は川沿いの定食屋 いわき食堂


f:id:grassbigboy:20170522123736j:image


f:id:grassbigboy:20170522123753j:image

日替わり定食。700円でこの量。

うれしい、おいしい。

ツーリングマップルに載っていた川エビはこの時期はとれないとのこと。


f:id:grassbigboy:20170522123811j:image

ゴリの唐揚げ。

一匹が鮎のキモみたいな味、癖になります。ビールがほしくなるのがつらい!!

 

さて四万十川を下っていきます。

 


f:id:grassbigboy:20170522124338j:image


f:id:grassbigboy:20170522124351j:image

岩間沈下橋

バイクなら渡れます。

観光客のなか渡るの超怖い。

四万十川満足しました。

 

 

ここから足摺岬を目指します。

 

その2に続きます。

dB(デシベル)についてまとめてみた

dB(デシベル)についての理解があいまいだったので調べてまとめました。

「dB」は学生の時に電子工学の「電力の利得」としてでてきました。

利得は以下の計算式であらわされます。

利得[dB]=10log(P1/P2)

 

例えば電波の電力が半分になった場合は

10log(1/2) = 10(log1-log2) = 10(0-0.301) = -3.01dB

となり約3dB下がります。

 

つまりデシベルとは相対値であり、単位はありません。

ところが「dBm」といった絶対値の単位が電力にあります。

これは「1mWを0dBmとして電力の大きさを表したもの」です。

dBm=10log(P[mW])

        =30+10log(P[W])

0dBm = 30 + 10log(0.001) = 30 + (10*-3) = 30 - 30 = 0

 

早見表はこんな感じで導けます。

1mW = 0dBm

10mW = 10dBm

100mW = 20dBm

1W = 30dBm

 

ところがこれが音声になると少し変わります。

一般的なマイクの出力のレベルは-50dBV ほどです。

そして、音声信号のレベルが1/2になると6dB下がります。

これは音声では

dBV という「1Vを0dBとし電圧の高さを表したもの」を使用しているためです。

dBは電力の比であらわされます。

そのため電力を電圧であらわすと以下のようになります。

電力P[w]=電流[A]*電圧[V]

    =抵抗[Ω]*電圧[V]*電圧[V]

    =抵抗[Ω]*電圧[V]^2

dB = 10log(P1/P2) = 10log(R*V1^2/R*V2^2)

  = 10log(V1^2/V2^2)=10*2log(V1/V2)

    = 20log(V1/V2)

となります。

つまり

20log(1/2) = 20*(-0.301) = -6.02

となり約6dB下がります。

 

ところでこの「dB(デシベル)」という単位。

かの電話を作ったアレクサンダー・グラハム・ベルさんが

 伝送減衰を表すためにBel = log(P1/P2)としたのが起源だそうです。

しかしこのベルの値が0.3~1.0の値になり使いにくかったために

「d」(デシ)をつけて「dB」とし、3~10となるようにしたそうです。

この「デシ」は小学生の時に10dL=1Lとして登場したあの「デシ」です。

10dL=1L 、1dL=0.1L

 

以上、デシベルについてまとめてみたでした。 

音楽を聴かないバイク乗りのスイマーの話

僕は音楽をあまり聴きません。よく自己紹介などで好きな音楽は何ですかと聴かれたりしますが、よく困ってしまいます。

その度に不思議な顔をされるので音楽を聴かない理由を考えてみました。

 

 

そもそも、みなさんは音楽をいつ聴くのでしょうか

  • 車に乗ってるとき
  • ジョギングなどスポーツしてるとき
  • 家で

大体このあたりではないでしょうか

 

 僕は20年ほど水泳をしています。そして、泳いでいる最中は音楽を聴くということはできません。

もちろんウォークマンを水の中に、入れられないということもあります。しかし、それよりも泳いでいる水の音を聴くことで自分がどの程度の速度で泳いでいるか、どのような姿勢で泳いでいるかを音から把握しているため音楽を聴く余裕がありません。

これはバイクでも一緒です。僕は車よりもバイクをよく乗ります。バイクでは両耳を塞ぐものを着用しながらの使用は安全上認められていません。しかし、それ以上に風切り音や異音がないかを常に聴くことで速度や状態を把握しています。

また、以前片耳のみイヤホンをつけて走行していたときに、転倒して危険な目にあいました。そのため片耳であってもイヤホンをつけることは避けています。

 

つまり僕は、物理的に、ルール的に、心理的に、音楽を聴くという環境にありません。

そのため、家で音楽を聴くこともありません。

 

 

もちろんジョギングをしたり車の運転をする際に音楽をかけてみたこともあります。しかし、風切り音を邪魔する音楽を聴くと、状態把握が行えなくなり非常にストレスになります。よく車の運転中、助手席の友人が曲をかけていた際に、気が散ってしまうために音量を下げたりしてしまうこともあります。この他、ゲームのBGMなども聞こえてはいるもののストレスとして脳でシャットアウトしているためあまり意識して聞くことがありません。

 

もちろん、これは僕だけで、音楽を聴いて集中力を高める水泳選手や、片耳トランシーバーで音楽を聴くバイク乗りの方も多くいると思います。

 

 

恐らく僕は音楽が嫌いなのでしょう。

 もしかしたら水泳やバイクの自分一人の世界をなにかに邪魔されたくないのかもしれません。

 

 

 

 大体まとめてみましたが、こんなところでしょう。理解してもらえないかもしれませんがこういう人間もいるということを少し書きたかったのです。

 

 

 

(ちなみに、バイクに乗りながら一人カラオケはよくやるのです。これは歌うことによるストレス発散のほうが強力だからかもしれません。)

 

 

シンゴジラ感想、トップをねらえ!でありガメラでありゴジラであった話

今更ながらシンゴジラの感想を書き連ねていこうと思います。

シンゴジラ、滅茶苦茶おもしろかったです!

庵野総監督、樋口監督お二人のファンなのですがお二人の魅力が存分に発揮された映画だったのではないでしょうか。

 

 

タイトルにも書いた通り

トップをねらえ!庵野さん初監督作品)

平成ガメラシリーズ(樋口さん代表作)

は僕の中で最も好きな作品の一つです。

 

しかし、不満もあります。それが

エヴァンゲリオンシリーズ

平成ガメラ3

 

エヴァンゲリオンシリーズについてはトップをねらえ!不思議の海のナディア庵野さんとは思えない無茶苦茶なもやもやする終わらせ方。

ガメラ3は最終盤の大量に飛来するギャオスに日本の自衛隊が陸海空、全総力をもってこれに対処する。という胸熱な、それでもって俺たちの戦いはこれからだ的なもやもやする終わり方でした。

なので僕はこの二人にずっともやもやさせられていたのですが、このシンゴジラを観て僕は感激しました。

シンゴジラはまさにゴジラであり、トップをねらえ!であり、ガメラでした。文句なしの完璧な作品だったといえるでしょう。

 

僕は初代ゴジラ、84ゴジラも見ております。そして、このシンゴジラは初代ゴジラのように、初めて出現した怪獣にどう対処するかをとことん突き詰めて描いた代物でした。そして、リアリティをとことん追求していた。これがなにより素晴らしい。

初代ゴジラゴジラという怪獣そのものが人々の想像にもなく、この世界にとっても映画の中の世界にとっても初めての怪獣でした。これにおののき恐怖しながら人類は立ち向かうというものです。

ところが84ゴジラは初代ゴジラの延長線上の世界であり、ゴジラに対する経験があり、対処するノウハウをもっていました。そのためスーパーXのようなとんでも兵器をうちだし、運用することができました。

しかし、シンゴジラはこれらの世界とは異なります。最初の対応で主人公の矢口が海底トンネルの事故を巨大生物の可能性ではないかと説きましたが、首脳陣はかたくなに巨大生物の可能性を拒否します。これはシンゴジラの世界がゴジラのような怪獣を描かれてこなかった世界、見ている側も初代ゴジラと同じ世界だということがよくわかります。むしろあの状況下で巨大生物の可能性を考える矢口が化物です。

石破元防衛大臣防衛大臣時代に、もし、現在の日本にゴジラが出現したら自衛隊に防衛要請をするのか災害派遣要請をするのかと考えたと仰っております。このような想定そのものが全く考えられなかった世界、怪獣映画などもなかった世界というのが序盤の様子でわかります。それだけでこの映画は素晴らしいものになるなと推測できました。赤坂先生が情報のないなか政府はよく対応してるよと焦る山口に諭しますが、全くその通りだと感じました。

 

ところで、ゴジラのような怪獣の対応はそう多くはありません。

大体の特撮ものはこの解決方法でしょう。

序盤のシーンで超技術による解決はないことが伺えます。さらにゴジラ第二形態の搭乗時は超怪獣の出現も考えられました。が、進化した段階でそれも消えました。また、通常兵器での攻撃が通用したであろう第三形態への攻撃もできませんでした。もう残される手は核しかないという完璧な描写です。

さて、第四形態の自衛隊の総力戦もこれまた見事でした。ガメラ2の巨大レギオン戦を越える描き方です。戦車大隊から富士のミサイル攻撃、F-2による爆撃と、まさに陸海空全総力を結集した戦闘でした。僕はこの映像を何年まったことでしょう。さらに恐らく空自は撮影許可のために戦闘機を撃墜させてはならないという条件付きのはずです。そのためガメラ3ではニュータイプもびっくりのスペシャル回避機動を見せます。今回の空自の動向も気になりましたが、撃墜される役目を米軍のB-2が引き受けました。空自が撃墜されることなく、ゴジラの驚異をうまく描いていたことも素晴らしい点です。

 

さて、ここでB-2を撃墜したゴジラ第四形態の熱線についてちょっと喋ります。ゴジラの熱線といえば青色が基本でした。が、今回は紫色に変わっておりました。何故元々青色かは放射性物質の崩壊に伴うチェレンコフ放射に基づく色、ということだったのでしょう。しかし、311を経験した現実の日本には放射能を撒き散らす青色の熱線の描写は今の日本にはあまりにもリアルすぎて描くわけにはいかないでしょう。また、紫という色は高貴さを表しますのでゴジラを神と形容したガッジーラ的なイメージにも会っていました。

僕はこの熱線のシーンはワクワクし、恐怖しました。特にゴジラの背ビレが紫色に光り出すあたりは変動重力源、宇宙怪獣のクレフシン発光を彷彿とさせる演出であり、心の底から恐怖が涌き出るようでしたワクワク。その後、熱線を口が予想外に開放し攻撃するシーンはトップをねらえ2!のタイタン変動重力源に狙われたディスヌフとラルクのような心境、現代技術ではなにもしようもない、絶望感にうちひしがれました。初代ゴジラの円谷さんはキングコングを見たとき、あまりの衝撃に手に持ったパンフレットを握り潰したといいます。そこで自分もそんな映像を作りたいとゴジラを作ったそうです。結果は大成功。当時の人もみなパンフレットを握り潰したそうです。僕もこのシーンを見たときに手を握りしめました。心のパンフレットはグシャグシャでした。

 

最後に、ラストの尻尾の骨のシーンについてです。

映画の一番最後にゴジラの尻尾に人ほどの骨が映りました。これは小型の飛翔型の群体ゴジラでしょう。ガメラ2の群体レギオンのようなものだったのではないかと予想されます。もし、ヤシオリ作戦がほんのあと1日遅れていたら、核の使用があと半日遅れていたら尻尾の先から群体ゴジラが全世界各地へと飛びたっていたことでしょう。そうなれば全世界各地で核の使用をせざるを得なくなり人類はゴジラに滅ぼされるか、核の炎による相討ちに持っていくかという、どちらを選んでも人類は滅亡寸前の状態になります。それだけのギリギリの闘いであったということがラストカットで余韻としてこの映画を強調して締めくくられます。

 

本当にラストまで文句なしのゴジラでした。最初に書いたようなモヤモヤ感も全くありませんでした。

長くなりましたがこの辺で締めくくります。

それでは今日はこの辺で。